WORKS

プロジェクト例

信頼度の高い技術系企業だからこその実績。
全てをお出しできませんが、一部を抜粋し
紹介します。実績は、多くを語ります。

PJ - 1

某)国立系大学システム更改

PJの主旨・目的

本プロジェクトは、某国立系大学の学内NWとサーバシステムのハードウェア更改による改修作業で、大学関連施設、付属小中学校、付属大学病院など9拠点をWAN接続。ルーティング設計の見直しWAN構成、見直し冗長化設計、SSL-VPN設計などを実施する。
基本的には専用線による接続でL2構成が主体となっておりL3化を行うことを検討していた。

規模

15人/月

プロジェクトのポイント

当初は3か月間との話で途中から本PJに参画したが規模が大規模なので9か月に延長対応を行った。背伸びして格好よく言えば、桜が咲き乱れる季節にPJに参画し、PJを完了し大学を去るころには落ち葉が散っていた。
参画当初はIP一覧や通信要件表がない状態で野良サーバもちらほらある状態。当初は資料系が乏しかったため、構成図関連資料の作成から着手した。
大規模なシステム更改だったこともあり、その後は様々な課題が出てくることになるが、当社の専門チームの高い技術力と経験を武器に、次々と難問をクリアし、プロジェクトゴールを迎えることとなった。

構築環境

フロアスイッチ

Alaxla AX2400S

ディストリビューションスイッチ

Alaxla AX3630S

コアスイッチ

Alaxla AX6700S

データセンタスイッチ

Alaxla AX3830S

学内ファイアウォール

Fortigate 600D

学外ファイアウォール

Fortigate 3200D

集中セキュリティ管理

FortiManager 300F 

【担当者の振り返り】
俗に言う炎上案件といわれるものを担当したのだが、見事に消火したと思う。その後、私のところには、火消し要請が増えた気がする(笑)。炎上案件ではメンバーが常に冷静に思考できるとは限らない。メンバーの状態を正確に理解するためにも、常日頃の人間関係の構築も重要になってくると痛感した案件でした。

PJ - 2

某)自治体情報システム強靭化

PJの主旨・目的

総務省が策定した「自治体情報システム強靭性向上モデル」を踏襲し、そのインターネット分離機能部分として(DaaS)をお客様に提供する。

規模

8人/月

プロジェクトのポイント

当社がプロジェクトに参画する以前のコンサルやヒヤリングに問題があったようだった。調査分析した結果、構築時にストレージ容量不足・CPUの性能不足・メモリ容量不足が発覚。SLAが走っていたためにCPU・メモリ・ストレージの増設が発生していた。

構築環境

CISCO Nexus 5672UP
CISCO Catalyst 2960X
CISCO UCS 6248UP
CISCO UCS B200M5
NetApp AFF-A200A
Netbackup アプライアンス5240

【担当者の振り返り】
性能・キャパシティを満たす構成で次年度予算が確定するまでに価格を合意する必要がある。合意に達しなければ、契約不履行となりすべて持ち出しで対応となる。DaaSは、物理PCを準備するよりも性能や信頼性が高い環境が必要になる。このため仮想環境の方が初期費用は高くなる。サービス提供する側としては、ハイリスクローリターンだな、と感じた。

PJ - 3

某)私立大学向け教務学生システム

PJの主旨・目的

教務学生システムのリプレース。
繁忙期の負荷による性能劣化対策。
特にDBの性能がボトルネックになっているため、DBサーバーの性能向上が課題となった。

規模

30人/月

プロジェクトのポイント

DBサーバーの性能確保のため、DBサーバーは仮想化せずに物理サーバーで設計した。また、ストレージは異なるタイプのディスクドライブを混載可能だったため、DBサーバーが使用する領域は高性能なSSDを使用することや、より上位のCPUや大容量のメモリを採用することも視野に入れた。ただ、それらを採用すると価格がかなり高くなるため、顧客担当者様による学内への説明が必要に。
そこで、ストレージの工場担当者やサーバーの工場担当者、およびOracleの社内有識者を集め複数回検討を行い、各パーツ単位での費用対効果、性能シミュレーション結果、推奨するスペックアップ項目などの資料を作成して顧客へ提示。また、現行システムでの繁忙期のリソース利用ログを採取して分析することでボトルネックをディスクI/Oと判断し、スペックアップに使える予算をSSDに集中的に当てることを提案。これにより顧客内での決済が降り、DBサーバーが使用する領域をSSDで構成することができた。
結果、構築作業中のリハーサルおよびカットオーバー後の繁忙期において処理性能が大幅に改善し、お客様に喜んでもらうことが出来た。

構築環境

サーバ

日立製 BladeSymphony BS500

ストレージ

日立製 VSP G100

OS

VMware vSphere 6.5

Windows Server 2016

RedHat Enterprise Linux 7.4

データベース

Oracle 11g 2台によるRAC構成

スイッチ

Alaxala AX2500Sシリーズ

ArrayAPV1600(負荷分散装置)

BS500内臓 L3/FCスイッチ

【担当者の振り返り】
お客様からの要望を詳細にヒアリングしてお客様と一緒に悩み、社内の広域にわたる有識者の知恵を借りて、お客様の長年の課題を良い形で解決できました。お客様はもちろんプロジェクトメンバーも満足感があり、とても良いプロジェクトだったと思います。

PJ - 4

共通購買システム移行

PJの主旨・目的

既存の購買発注システムからSaaSへの切り替え、および既存データ移行。
RPAは既存の購買発注データ移行(SaaSへのデータ投入)に使用。

規模

12人/月

プロジェクトのポイント

大量の購買発注データ移行に対応するためのRPA開発で、課題となったのは次の3点でした。

自動操作の正確性(ボタンや入力欄を正しく選択すること)の改善
自動操作の実行速度(操作方法、様々な待機時間)の改善
自動操作エラー時対応(リカバリと再開)の容易さの確保

SaaSのWeb画面での様々な操作方法、待機時間の確認、入力用ファイルのデータ形式の検討を繰り返し、上記について、自動操作の改善を進めました。待機時間では特に、対象がWebサービスであることから、LANやWANの通信状況の影響も受けるため見極めが難しかったです。

構築環境

WinActor (RPA)
Microsoft Excel (データ整形マクロ)
Google Chrome

【担当者の振り返り】
SaaSではWeb画面デザインが変わることが多々あるため、そうした際に、開発したRPAが使えなくなる問題が生じます。今回のデータ移行のように一時期に使用するのではなく定常業務で継続利用するRPA開発では、こうした変更に対応するための「メンテナンスの容易さ」も課題として出てくるものと思います。

PJ - 5

公共システムアプリ基盤更改

PJの主旨・目的

Linuxサーバ上にJBOSSを活用した仮想環境を構築し、ユーザ毎にチューニングしたアプリケーション基盤を提供することを目的としたプロジェクト。

規模

10人/月

プロジェクトのポイント

サーバ上に複数ユーザにご利用いただく環境をご用意するにあたり、ユーザ毎に独立した高セキュリティを維持した基盤を構築することがPJのポイントとなります。特定ユーザ様の業務処理が他ユーザに影響を与えないようにしたり、ネットワークからAP/DB基盤領域まで担当ユーザ様以外からの意図しないアクセスを許容しない様、様々なリソース制御、アクセス制御技術を活用し、基盤構築を進めております。

構築環境

OS

RedHat Enterprise Linux 7

データベース

Oracle 19c

ミドルウェア

JBOSS EAP7

【担当者の振り返り】
チーム内において、主にスケジュール管理と重点課題の方針検討を担当しております。異なるベンダが複数参画しているため、単独で進められるタスクと整合をとるタスクがあり、円滑な開発ができる様、先行可能なタスクを見極めながらスケジュール管理することに意識を置いて、作業を推進しました。

PJ - 6

サーバ監視・保守環境構築

PJの主旨・目的

社内システムのハードウェア・サービス監視。保守に繋がる、監視・管理がミッションです。

規模

5人チームで進行

プロジェクトのポイント

チーム作業の効率化検討・実行、他チーム間との調整、および異常情報が漏れることなく通知されるよう、検討・設計・構築する。

構築環境

社内専用監視ソフト

【担当者の振り返り】
私はリーダーの立場での参画でしたので、作業者としての構築はほぼしていません。チーム内の人員リソースの配分、他メンバーへの技術補填、保守に繋がる監視・管理の検討・設計・構築を担当しました。
統一した文書を作成するなど、作業の効率化を追求した結果、最も残業の少ないチームになりました。

PJ - 7

基盤統合・インフラ設計・保守

PJの主旨・目的

各システム毎にサーバやNW環境を整備している事から、拠点・構成など、独自のものとなっており、費用面でも業務効率面でもロスが出ている。その為、一拠点に集約し機器規格を統一させ、効率化を行うことによって、管理運用面や費用面でもコストの削減を行う。

規模

10人/月

プロジェクトのポイント

以前に同プロジェクトの構築担当を行っていた経験があることから、技術検討や機器選定から、各システムの集約に関する折衝等を行う、現在の担当として、再度同プロジェクトに参画することとなった。直接的に構築に関わることは少ないが、その分各システムの要望に対し、実際に収容するための技術的な落とし込み等、しっかりと検討を行い、調整をしていく事が必要となる。

構築環境

ASA5500シリーズ
Catalyst2960
Nexus7000シリーズ
Nexus2000シリーズ
YAMAHA RTX1200
A10 Thunderシリーズ

【担当者の振り返り】
各システム毎に独自に運用しやすい様な設計を行われている事から、共通化を進めていくにあたり、構築担当であれば、機能的な実現可否で、返答を行うことができたが、代替案として要望に近いものを提示し、いかにお互いの認識の乖離を埋めていくか、その面で苦労をします。


以上、実績より一部抜粋。